勉強に集中する方法。1時間集中するたった2つの対策【社会人向け】

勉強に集中する方法
 
・勉強に集中する方法は?
・集中力が続かない
・すぐ他の事が気になってしまう

こんな悩みを解消します。

 

1時間集中するための対策は簡単です

1.勉強中は不要なものを排除する
2.息抜きで「続きが気になるコンテンツ」を見ない

これだけです。

 

この2つを行えば1時間だけではなく2時間集中できる可能性もあります

 

今回は上の2つを実践する具体的な4つの方法を紹介します

本記事を参考にすると「集中して勉強する方法」が理解でき、勉強の効率がUPします。

 

・1時間集中するたった2つの対策
・1時間集中する為の具体的方法
・集中した後にすべきこと

 

 

私はこの方法で1年間勉強した結果、合格率5%のビジネス資格(QC検定1級)に合格しています

 

1時間集中するたった2つの対策

take measures

繰り返しますが勉強に1時間集中する2つの対策とは

 

1.勉強中は不要なものを排除する
2.息抜きで「続きが気になるコンテンツ」を見ない

 

これらを簡単に説明します

 

勉強中は不要なものを排除する

勉強中に不要なものを排除すると気が散る事が無くなります。

 

勉強中に不要なものとは主に

・スマホやPC
・テレビ
・漫画
・ゲーム
・食べ物
・他人
・おしゃれな空間
です。
 
社会人になると自由に使えるお金が増えます。
すると学生の頃よりも上記の物が増えて集中できなくなります

 

勉強中はこれらをいかに排除するかが重要です。

 

息抜きで「続きが気になるコンテンツ」を見ない

これは勉強中ではなく息抜き中の話です。

普段の生活から続きが気になるコンテンツを見ない事が重要です。

 

続きが気になるコンテンツとは主に

・SNS
・ドラマ・アニメ
・漫画
・動画配信
・ゲーム
・テレビ

です。

つまり終わりが無いもの

終わりがあっても数十時間かかるもの

短時間で区切りが付けられないものです

 

これらを日常生活から排除する事で気が散らなくなります

 

「厳しすぎるだろ」という声が聞こえてきそうなので

逆に手を出してもいいコンテンツを挙げます

・映画
・音楽
・新聞
・短編小説
・雑誌

 

これらは区切りの時間が決まっています。

映画1本なら2時間とか

音楽アルバム1枚50分とか

新聞30分とか

 

時間が区切れて完結するものはOKです

 

もちろん勉強しながらはダメです。

あくまでも息抜き用です。

 

1時間集中する為の具体的方法

Reach Your Goal

 

ここからは1時間集中するための具体的な4つの方法を説明します。

 

上に書いてある項目ほど優先度が高い項目です

・スマホの電源を切り、触れない場所に置く
・静かな1人きりの場所で勉強する
・タイマーをセットして時間を区切る
・勉強は朝に行う
 

スマホの電源を切り、触れない場所に置く

これが最も大事な事です。
 
スマホを持っていると触りたくなってしまいます。
ですので電源を切った上で
・貴重品ロッカーなどに預ける
・引き出しにしまいカギをかける
・家族に預ける
・鞄の一番底にしまう
などを実施し
とにかく手元から離しましょう。
 
たった1時間の我慢です。

静かな一人きりの場所で勉強する

次は勉強する場所にも気をつけましょう。
 
勉強に不適切な場所は
・カフェ
・ファミレス
・会社などの食堂
・漫喫・ネットカフェ
・フードコート
・自宅のリビング
 
など人の往来が激しく勉強を妨害する雑音が多い場所です。
 
逆に勉強に適しているのは
・図書館
・会社の会議室
・自宅のMYルーム
・資格スクールなどの自習室
です。
 
特に会社の会議室は狙い目です。
お金もかからないし勉強を妨害する要素が少ないからです。
 
 
「どうしても静かな場所が確保できない!」という場合は
遮音性の高いイヤホンで、歌詞のない音楽(クラッシックなど)をかけて外界の音を遮断しましょう。
歌詞のある音楽は気が散るのでNGです。
 
Amazon Music Unlimitedなどの音楽配信サービスを利用すると歌詞のない曲が聞き放題で聞けます
 

タイマーをセットして時間を区切る

時間確認にはタイマーを準備しましょう。
腕時計でも大丈夫です。
 
スマホで時間を確認すると触りたくなります。
なのでスマホのタイマー機能は絶対にNGです。
 
時間を区切ることでメリハリがつきます
集中するためには休むことも大事です。
 
ダラダラと長い時間続けても集中しなくては意味がありません。
タイマーで時間を区切ってONとOFFを切替ましょう。
 

勉強は朝に行う

勉強を朝行う事で集中力が続きます。
 
何故かというと
働いた後はみんな疲れています。
疲れていれば集中力が切れるのも早くなります。
なので夜は勉強に適していません。
 
夜は早く寝てしっかり休み
早起きをして体が疲れていない状態で勉強すると集中力が続きます
 
大事なのは
「勉強中に不要なものを排除する事」
 
「疲れ」も勉強中には不要なものです。
 

集中した後にすべきこと

to the next goal
無事に1時間 集中することができたら、次の1時間に向けてするべき事があります。
 
それは「時間を区切って休む事」です。
時間としては10分~15分程度ですね。
 
1時間集中できたからそのままもう1時間続けよう
というのは無謀です。
絶対に疲れて中途半端に終わります。
 
おすすめの過ごし方は飲み物を飲んで音楽を聴くことです。
音楽は1曲5分程度で区切れるので休憩に最適です。
2~3曲聴いて時間が来たらスマホをしまい、再度集中しましょう。
 
 

まとめ

SUMMARY
勉強に集中する方法は
1.勉強中は不要なものを排除する
2.息抜きで「続きが気になるコンテンツ」を見ない
この2つです。
これらを徹底することで集中力が上がり、勉強の効率がUPします。
ぜひ実践してみてください。
 
その他の勉強の悩みに関する記事は下記をご覧ください
勉強に集中する方法
気軽に いいね!&フォローしてね