スキルアップ
CATEGORY

スキルアップ

【講師解説】タグチメソッドにおすすめの直交表【実践向け】

今回はタグチメソッドにおすすめの直交表を解説します。タグチメソッド(品質工学)における「動特性のパラメータ設計」では適切な直交表を選ぶことで「無駄に実験回数が増える」,「最適解が見つけられない」という問題を回避可能です。本記事を読むことで効率的にばらつきに強いロバスト設計が実現できます。

品質工学の本をおすすめランキングでご紹介【講師選定】

品質工学(特にパラメータ設計)のおすすめテキストをランキング形式で紹介します。誤った選択をすると「知識は習得できたけど”実践”できない」という事態にもなりかねません。本記事を読む事で”本当に実践に役立つテキスト”が分かります。おすすめテキストを使って実践すれば”ばらつきに強いパラメータ設計”となり、品質不具合から開放されますよ。

実験計画法をエクセルより簡単に実践する方法【初心者でも15分】

実験計画法をエクセルより簡単に実践する方法を紹介します。実験計画法を”エクセルでできないか?”と考える人は多いです。しかし正直、エクセルを使うのはムダ。理由は手間がかかる上に、時代遅れの計画しか作れないから。この記事では初心者でも15分で実践できる簡単な方法を紹介します。

実験計画法の本をおすすめランキングでご紹介【初心者向け】

QC検定1級で統計講師の私が、実験計画法の本をおすすめランキング形式でご紹介。直交表実験は手計算時代の難しい方法。私がオススメするのは実験計画法の中でも特に解析ソフトを使った応答曲面法。これが最も簡単で、実践への近道です。楽して仕事の効率を上げちゃいましょう。

実験計画法のやり方!プラケット-バーマン計画で影響因子を絞り込む。

実験計画法のやり方をご紹介します。統計解析ソフト「スタットワークス(Statworks)」を使って、応答曲面法の一つである2水準系のプラケット-バーマン計画(Plackett-Burman計画)を立てる事で影響因子を絞り込む実験回数を大幅に削減する事ができます。本記事を参考にすることで仕事が格段に楽になりますよ。