QC検定は転職で有利!?取得するメリットとは

機敏に分析する男

今回は品質管理検定(QC検定)を取得するメリットを語る記事です

 

 
転職・就職のために何か資格や検定を取得したい
品質管理検定を取得する事でどんなメリットがあるの?

そんなあなたに読んでいただきたいと思います。

 

品質管理検定(QC検定)の概要

チェックする3人

 

品質管理検定とは「品質管理に関する知識をどの程度持っているか」を客観的に評価する検定です

試験の難易度は低い方から4級、3級、2級、準1級/1級があります。

 

開始来の累計合格者数は 43万9千人(2019年11月時点)となっており、年々受験者は増加しています。

特に日本は製造業が中心となっている国です。その製造業において「品質」は最も重要視される項目です。

 

そのほとんどの企業で実施されている「品質管理」に関わる知識レベルを認定してもらう事ができるのが品質管理検定(QC検定)なんです。

 

ということは・・・

需要が見込める検定ですよ という事です。

 

特に近年は大企業の品質に関わる不祥事が散見していて、品質管理の重要性が再認識されている状況です。

こちらの記事で需要調査をしていますので参考にして下さいね。

関連記事

自分に有利な転職サイトを探している人  ↓ QC検定が優遇される転職サイトは?何件くらい需要があるのかな?何級の需要が多いか知りたいな。具体的にどんな求人があるの?  のー[…]

星をつける人々

その他、受験要領などは日本規格協会さんのホームページをご覧下さい。

https://www.jsa.or.jp/

 

品質管理検定に合格するともらえるもの

緊張から解放

 

メリットを語る前に自分が品質管理検定(QC検定)1級を持っていることを証明する意味も兼ねて、合格すると貰えるものを写真で紹介します

 

もらえるもの1:合格証

これは全員必ずもらえます。

QC検定1級合格証
QC検定1級合格証

もらえるもの2:合格者カード

 

これは1級・2級の合格者のうち希望者のみが購入できるプラスチック製のカードです。

顔写真も入ります

 

QC検定1級合格者カード
QC検定1級合格者カード

 

これらを受け取ったときは本当に嬉しかった。

 

品質管理検定を取得するメリット

ライトをつける複数の男性

 

自慢はこれくらいにして本題に入りますね

 

私が考える品質管理検定を取得するメリットは取得する目的により異なります

 

就職・転職に活かすことが目的の場合

 

高校生、専門学校生、大学生、派遣社員の方など

・品質管理の知識を有する人として認識されライバルとの差をつけれる
・多くの企業が重視する「品質に関する知識」を身に付けることで需要範囲が広がる
・品質管理に重要な考え方を身につける事ができる
・統計的視点でデータの分析ができるようになる
 
QC検定の優遇案件が多い転職サイトは、こちらの記事で紹介しています。
関連記事

自分に有利な転職サイトを探している人  ↓ QC検定が優遇される転職サイトは?何件くらい需要があるのかな?何級の需要が多いか知りたいな。具体的にどんな求人があるの?  のー[…]

星をつける人々
 

スキルアップが目的の場合

会社員・公務員など

・品質管理に重要な考え方を身につける事ができる
・統計的視点でデータの分析ができるようになる
・統計的実験を行う事で、実験回数を減らせる
・勘や経験ではなくデータで説明することで説得力が増す

 

企業の体質を強くすることが目的の場合

企業の人材育成担当者や経営者など 

・企業全体の品質管理に対する意識を高めることができ、製品品質の向上を図ることができる
・個人個人の品質管理のレベルを把握することができ、教育計画に活用できる
・各部署ごとに品質管理のレベルを把握でき、人事計画に活用できる
・社員、派遣社員などの採用にあたり、活用することで品質管理レベル向上を図ることができる
・社内教育の軽減が図れる

 

 

と目的別にみても多くのメリットがあることがお分かりいただけるかと思います。

しかも1度取得しておけば有効期間はないので「就職時~キャリアアップを狙う時期」まで長い期間で活用することができますよ。

 

統計検定との違い

勉強に集中する方法

 

似ている検定として日本統計学会が認定する「統計検定」がありますが別物です。

 

統計検定は純粋に統計の知識を問われるのに対し、品質管理検定は「品質を管理するため」に必要な知識が問われます。

品質を管理するための知識 の一部が 統計の知識となっています。

品質管理検定と統計検定どちらの検定を取得した方が良いか

結論から言うと私は品質管理検定(QC検定)をオススメします。

 

自分が取得しているからだろ! と言われそうですが、理由を説明します。

理由は「企業は統計学ができる人材よりも品質管理ができる人材の方が欲しいから」です。

 

もちろん取得する目的によると思いますが、多くの人にメリットがあるのは品質管理検定(QC検定)だと思います

もちろん統計検定を否定している訳ではありません。

 

近年ブームのAIやビックデータ分析などに役立てたい という目的なら統計検定の方がいいかもしれません

あくまでも目的によります

 

どちらの検定も共通して言えることは、取得しただけでは意味がありません。

こちらの記事で実務での活用方法を紹介しているのでご覧下さい。

関連記事

 QC検定って転職に活かせるの?QC検定を取得したけど何の役に立つんだろう? のーさんこんな疑問を解消します。 今回は品質管理検定(QC検定)を転職に活かす方法を説明[…]

大きなモニターでデータを眺める人たち

 

 

まとめ

SUMMARY_CONCLUSION

 

今回は私が保有している品質管理検定について、その概要と取得するメリットをご紹介させていただきました。

 

品質管理はほとんどの企業で実施されており、品質管理に関する知識は今後も軽視されることはないであろう知識です。

もしあなたが転職や就職に活かせる知識を身に着けたいと考えられているなら是非受験を検討してみてください

 

もし現時点でのご自身の「市場価値」を知りたいあなたは
「ミイダス」の市場価値診断を筆者が実体験していますので、参考にして下さいね。


関連記事

ミイダスって実際どうなの?自分の市場価値ってどれくらいなんだろう?こんな悩みを解決します。 自分の市場価値を知っておくことはとても重要。 でも世[…]

レビューする人たち

 

おすすめテキストなどQC検定に関する情報は全てこちらの記事にまとめていますのでぜひご覧頂ければ幸いです。

関連記事

こんにちは、のーさんです。今回は QC検定のテキストや勉強方法についてまとまっている記事はないの?という疑問を解消していきます。(更新日2020年1月8日) 「あるサイトのおすすめテキストを買ったけど[…]

メモとペンで勉強

機敏に分析する男
気軽に いいね!&フォローしてね