実験計画法をエクセルより簡単に実践する方法【初心者でも15分】

実験計画法をエクセルより簡単に実践する方法を紹介します。実験計画法を”エクセルでできないか?”と考える人は多いです。しかし正直、エクセルを使うのはムダ。理由は手間がかかる上に、時代遅れの計画しか作れないから。この記事では初心者でも15分で実践できる簡単な方法を紹介します。

実験計画法のやり方!プラケット-バーマン計画で影響因子を絞り込む。

実験計画法のやり方をご紹介します。統計解析ソフト「スタットワークス(Statworks)」を使って、応答曲面法の一つである2水準系のプラケット-バーマン計画(Plackett-Burman計画)を立てる事で影響因子を絞り込む実験回数を大幅に削減する事ができます。本記事を参考にすることで仕事が格段に楽になりますよ。

Statworks(スタットワークス)の使い方をまとめてみた【簡単】

スタットワークスの使い方をまとめました。JUSE-StatWorksを使えば、誰でも簡単に統計解析を実践できます。会社の品質問題やコスト高に悩んでいるのなら統計的な品質管理を実践する事が効果的。スタットワークスはそのハードルを大きく下げるツールなので、活用しないのは大きな損ですよ。